この社会!! 特に気になるこのニュース >> - >> スポンサーサイト
Page: 2/2  << 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | pookmark | category:-
この社会!! 特に気になるこのニュース >> 産業 >> EV走行距離は20キロがベスト トヨタ「PHV」開発の田中氏

EV走行距離は20キロがベスト トヨタ「PHV」開発の田中氏

 
トヨタ自動車は12月に家庭の電源から充電できる「プラグインハイブリッド」(PHV)の販売を始める。10月の東京モーターショーには、今年発売したハイブリッド車(HV)の3代目「プリウス」をベースにしたコンセプトカーを出展した。燃費性能は1リットル当たり55キロ。充電した電気だけでの走行距離は航続距離20キロ以上、最高時速は100キロを誇る。「21世紀のクルマ」としてプリウスを世に出して12年。プリウスはどこまで進化するのか。開発担当者の田中義和氏(48)に聞いた。

 −−PHVの開発コンセプトは

 「初代プリウスを出した当時、『けっして充電することのないクルマ』と宣伝してきた。しかし、環境問題や化石燃料の枯渇の状況がより深刻になり、充電という手間を惜しまないようになった。それがPHVのコンセプトになった」

 −−平成19年7月に最初のPHVの試作車を公開したが

 「(評価は)60点ぐらい。航続距離にしてもバッテリーにしてもまだまだだった。EV(電気自動車)走行が一目で分かるようにするためにはどうすればよいかや、制御システムそのものにも課題もあった。それなりに仕上げたつもりだったが、細かい部分としてはトヨタとして出せる(市販できる)かといえば不十分だった」

 −−開発を進める中で、一番のポイントは

 「EVモードでの走行可能距離をどうするかが難しかった。私は2代目プリウスを充電できるように改良し、ほぼ毎日乗っている。EV走行をしているときは、フラットなトルク感、レスポンスも良く、モーター走行の良さをすごく感じたが、それに慣れてしまうと、ハイブリッド走行になってエンジンがかかると、振動で『うるさいな』と思う。距離も短いなと痛感していた」

 「ただ、バッテリーをたくさん積めば走行距離は伸びるが、収納に加え、衝突安全性能のクリアも難しくなる。そこで、アンケートした結果、20キロ以上という意見が最も多かった。コストで決めるのではなく、お客さまの利便性を考えて20キロ以上と決めた。バッテリーのコスト、技術を考えれば、走行可能距離を20キロ以上に伸ばすことはない」

 −−PHVが普及するためには何が必要か

 「今後発表する価格は、みなさんが想像するより高くなる。もちろん、その価格で普及するとは思っていない。近い将来、普通に買っていただけるような価格で出さなきゃいかんと思う」

 −−欧米のメーカーは今後、次々にPHVを出してくるが

 「ハイブリッド技術でトヨタはお客さまに12年間、鍛えていただいた。それなりに信頼がある。総合的に負けないものを出していきたい」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091115-00000530-san-bus_all



もっともっと進化してほしいですよね【本日のチェックサイト】
はじめての海外旅行 安心ガイド   
曼荼羅で心の安らぎを   
海外挙式をタヒチで   
新婚旅行(ハネムーン)研究室   
エコツアーガイド   
チュニジア観光旅行ガイド   

- | - | pookmark | category:産業
この社会!! 特に気になるこのニュース >> 産業 >> 「ジャンプ力世界一」のヒト型ロボット開発 京大内の企業

「ジャンプ力世界一」のヒト型ロボット開発 京大内の企業

 
京都大学内のベンチャー企業「ロボ・ガレージ」(京都市左京区)が、人間の声に反応して約8センチジャンプしたり、走ることのできる小型のヒト型ロボット「ロピッド」を開発。27日に同社で発表会が行われた。同社によると、多関節のヒト型ロボットとしては世界一の跳躍力で、開発者の高橋智隆社長(34)は「人が親しみを感じられる躍動感あふれるロボットができた。人とロボットのコミュニケーション向上の可能性が広がった」と話した。

ロピッドは全長38センチ、重さ1600グラム。29の関節を持ち、滑らかな動きができるほか、両足のひざ、足首、付け根の3カ所の関節をベルトでつないで安定性を確保し、跳躍や走行ができる仕組みになっている。製作には約2年半を要したという。

 高橋さんが「開始」と命じると、ロピッドは壇上でうなずいてジャンプしたり、約50センチ走る技を披露。運動後におじぎや息切れするジェスチャーを見せ、「名前は?」と問いかけると「ロピッド」と答えるなど、人間らしいしぐさをみせた。

 高橋さんは「今後さらにコミュニケーション能力を高めたい」と話した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091027-00000626-san-bus_all

大学行って何をしているのでしょうか?

今頃、そんなこと言っても仕方がないですが。

- | - | pookmark | category:産業
この社会!! 特に気になるこのニュース >> 産業 >> 進む究極の「エコ」 航空会社、皿まで軽量化

進む究極の「エコ」 航空会社、皿まで軽量化

 
二酸化炭素(CO2)の排出を削減しようと、膨大な燃料を扱う航空業界がエコへの取り組みを加速させている。全日空は10月を強化月間に設定し、「e−flight」と題したエコ対策を実施。日本航空も11日に「究極のエコフライト」とする燃料節減実験を行う。タイヤやコンテナの軽量化から機内食の皿、機内誌の素材変更まで“グラム単位”の軽量化を追及し、燃料節約を図る。

 全日空は昨年からエコの取り組みを強化。乗員訓練を実際の飛行からシュミレータに切り替え、東京−大阪間1万9千往復にあたる29万キロリットルの燃料削減を実現した。また、乗客数や荷物重量から必要最小限の燃料を積むことで「少しでも機体の重量を減らしている」とパイロットは話す。

 取り組みは車体や機内にも及ぶ。大型機のタイヤ素材を見直し、約80キロの減量に成功。また、機内誌の紙質を変えるなどし、1冊約20グラム減にした。担当者は「『たかがグラム単位』とあなどれませんよ」と語る。

 1機あたりに換算すると機内誌削減は8370グラムになり、飛行距離の長い欧州便では、5290リットルの燃料が減らせるという。年間にすると、3862キロリットル減で9515キロのCO2排出を抑えられる。

 機内食の皿も質感が落ちないように陶器を維持しながら中を空洞化にし、1枚170グラム軽くするなど「あらゆる策を講じている」(担当者)。全日空は軽量化策で平成24年までに約6万キロリットルの燃料節減を目指すとしている。

 一方、日本航空が国土交通省と協力し、11日にホノルル−関西空港便で行う「究極のエコフライト」実験ではアジア初となる18項目のエコ対策を実施する。

 機内軽量化のほか、従来の航路ではなく気象条件のよい飛行経路をパイロットらが独自に判断。離着陸時も走行距離が短いスポットを使用し、高温のホノルルでは日よけを下げエアコン使用を控える。担当者は「現在考えられるすべてのエコを一度に行う。文字通り“究極”」と話す。

 日本航空は「ドラム缶27本分の5362リットルの燃料削減につながる」と計算。CO2の削減量は1万3千キロになる。スギの木1本が年間に吸収するCO2量は14キロとされ、削減効果はスギ940本分に上る。

 ユナイテッド航空がシドニー−サンフランシスコ便で1万5千キロのCO2削減に成功した例があるが、日本航空は、これより距離が短いホノルル−関空便で1万3千キロの削減を目指しており、削減能力はユ社の1・6倍になるという。

 燃料節減はエコ面だけのメリットに止まらない。全日空が掲げる6万キロリットルの節減では、年23億円の燃費が浮く。一方、1日約1100便を飛ばす日本航空。実験は24万円の節減だが、担当者は「全便に拡大すれば年数百億円規模の節減効果になる」と話している。

 燃料高騰で両社は10月から燃油サーチャージの再徴収に踏み切ったが、エコが進めば運賃の値下げにもつながる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091010-00000560-san-soci



しかし、日本航空って何でもかんでも、全日空の二番煎じばっかりで自分からやり始めたことがないのでは?

そんな発想ないのでしょうかね
- | - | pookmark | category:産業
この社会!! 特に気になるこのニュース >> 産業 >> やはりあなたもですが

やはりあなたもですが

 ベンツさんも世間の波に飲み込まれたのですね。

まぁ〜しかたないです。

でもハイブリッドのノウハウなんてあるのかな?










【今日のチェックサイト】
ヒーリングで癒されたい   
手元供養   
ハードディスクとは   
浮気調査   
自分探しに役立つ心理学   
婚活、そろそろ   
ハロウィーンで盛り上がろう!   
開運グッズを集めまくって幸せになろう   
農業でもしようかの   
あたたかい木のおもちゃで遊びませんか  
comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:産業
この社会!! 特に気になるこのニュース >> 産業 >> 自動車カラーコンテンストの栄冠は日産「ティアナ」に決定!!

自動車カラーコンテンストの栄冠は日産「ティアナ」に決定!!

いろいろなコンテストがあるのですね。

日本で唯一の自動車カラーコンテンスト「オートカラーアウォード2007」(主催・日本ファッション協会、流行色情報センター)の表彰式が7日、東京・代々木の文化女子大学で開かれ、最も市場やデザイン界に影響力を持つと評価されたグランプリに日産自動車の中級セダン「ティアナ」(外観ミスティグリーン)が選ばれました。

自動車評論家の有元正存審査委員長は「グレーがかった中にきれいな色みがあり、じっくり吟味される価値がある」と評価。日産の牧野克己デザイン本部長は、「グリーンの中に光の加減でゴールドが混じるなど、隠し味の効いた一品」と説明したそうです。

昨年は日産「マーチ」の明るいブルーがグランプリを獲得しましたが、今年はがらりと変わり、彩度の低い落ち着きのある色の車が多く候補に挙がったそうです。

ファッシン性を評価するファッションカラー賞など複数の賞を受賞したトヨタの高級車「レクサスLS」は外装、内装ともにに白。他にもダークカラーやビターカラーが目立ったそうです。

伊藤忠ファッションシステムのクリエイティブディレクター、池西美知子審査員は「景気の悪いときには明るい色が人気になる。彩度の低い色がグランプリに選ばれたのは、暗い気分ではなく、時代が落ち着き、リラックスを求めていることの反映」と話されました。


白色なんて選ばれたことあるのかなぁ。
でもやっぱり車は、真っ赤なポルシェ。!!(古うぅ〜)
comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:産業

楽天市場で・・・・

わたしが日本をかえます♪

Entry

Category

登録など


はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

  • seo

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
ブログセンター
ブログランキング

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
企業が事業資金を調達するため